高岡・県西部の不動産・相続案件・実家売却・空き家管理のご用命は

富山県高岡市鐘紡町5番2号

家族信託を検討するタイミングは?

公開日:

カテゴリー: 民事信託・家族信託


家族信託を検討するタイミングは?

 

家族信託のお問合せが増えてきてます。

やはり大きいのは受託者(信託を託す人)の認知症と資産の凍結の問題です。

中には全く、家族信託を必要としない方もあります。

①全く資産のない方・・・組みようがありません。住まいは賃貸アパート等。

②もし、病気やケガでお金が必要となった時には、本人以外の親族の資産で充分賄える方です。単純に資産は全て相続資産にすればいいでしょう。

 

家族信託を検討するタイミング。

できるだけ早くというのがセオリーです。

実際、私もある日突然、脳梗塞に見舞われました。70歳前です。

認知症も、いつなるかなどと予定は立てられません。

家族信託を組むには、家族信託は契約ですので、当事者双方に意思能力

があることが必要です。

意思能力とは介護認定のランクとは違います。

 

いつもお話するのは、思い立ったら専門家にご相談くださいということです。

私にお気軽にご相談ください。

それにしても・・・問い合わせが増えましたね。