高岡・県西部の不動産・相続案件・実家売却・空き家管理のご用命は

富山県高岡市鐘紡町5番2号

家族信託を使う目的

公開日:

カテゴリー: 家族信託


家族信託がかなり脚光を浴びてきています。

私も家族信託の組成をしたり、手続き、お手伝いをさせていただいています。

 

家族信託を使う目的は大きくは二つです。

1.認知症対策

これが大きい。例えば実家の売却。親が認知症になってしまうと、意思表示ができなくなり、売ることも、貸すことも、リフォームすることもできなくなって

しまう。

そうならないために、家族信託を活用したり、生前贈与を使ったりします。

成年後見制度はどうしても使い勝手の悪い面がある。

有効なケースもあるが。

2.もう一つは連続信託。

 家督相続とか、資産を次の代に引き継ぐ手段である。

これは成年後見でも遺言書でもできない方法である。

 

今、私が活用している家族信託の切り口はほとんど1の認知症対策。

特に本人がお亡くなられたら信託が終了する、空き家信託である。

信託による所有権の移転、受託者が持ち主に代わって、空き家、実家の管理を

するというものです。

今後は、自社株の引継ぎ、事業承継の分野にも家族信託を

活用する予定です。