高岡・県西部の不動産・相続案件・実家売却・空き家管理のご用命は

富山県高岡市鐘紡町5番2号

解体の現場で

公開日:

カテゴリー: 空き家問題


世の中消費税がアップになったというのに

解体屋さんの忙しさはすごいものがある。

解体フル活動、マックスです。

なぜ?空き家対策特別措置法の特定空き家もある。

だが、それだけではない。

多いのは、昭和40年代の家。お年寄りが住まなくなり、空き家に。

所有者は相続で取得した、富山県以外にお住まいの方が多い。

しばらくは実家なのでそのままにしておられたが、管理できなくなり

解体を決意という方が多い。

解体しても売れない・・・解体しなくても売れない・・・解体すると

解体費が立て替えになる。

それでも解体する。

相続で空き家以外の預貯金を手にした方は、解体してけじめをつけられる。

だが、全く負動産だけを相続、解体費は自費で。

これは悲惨です。

これからますます解体の現場が増えると思います。