高岡・県西部の不動産・相続案件・実家売却・空き家管理のご用命は

富山県高岡市鐘紡町5番2号

問題のありそうな土地の売却相談を受けました。

公開日:

カテゴリー: 不動産相続の相談窓口 | 未分類  タグ:  | | | | |


相続相談をよく受けます。

相続をした土地が問題だらけだとしたら?

おじいさんが北陸新幹線の用地買収にかかるかもしれないと人から言われ

土地を買ったらしい。

結果は橋柱の一部のみが買収された。

この土地を3人で相続し、共有登記にしてしまった。

売却できますか?なるべく高く売りたいというのが相談でした。

 

問題点

1.その場所が市街化調整区域内 原則家が建たない。売買についても

  農地法の許可が必要。

  雑種地と聞いた。農地転用済みの土地らしい。

  とすると、転用許可目的は?

2.共有登記。

  単純に相続で共有登記にすると問題が多い。

  次の代の相続が実施されると共有者はどんどん増えて行ってしまう。

  (そのことをお伝えすると)ああそうですか・・よく理解されていないよ 

  うでした。

3.相談されている地番をよく認識されていない。

  一般論の相談ですから、それでもいいのですが、正確な資料がないと

  一般論の答えしか出せない。

土地の相続をする場合には、気をつけて欲しい。

 1.事前に(相続前)調査をしておいて欲しい。評価額と現状時価と大きく

  かけ離れる場合があります。調整区域では基本売買ができない。

 2.相続と不動産に詳しい専門家に相談する。

 3.不動産と現金を相続で分割すると、不公平感があったり、売れない負動産

  (最近では腐動産)は持ち続ける必要があり,大きなハンディとなる。

 最近の相談事例でした。