高岡・県西部の不動産・相続案件・実家売却・空き家管理のご用命は

富山県高岡市鐘紡町5番2号

ため息の出る話。不動産屋さんのため息

公開日:

カテゴリー: 不動産さんのため息  タグ:  | |


あるお客様を中古住宅にご案内。物件を気に入っていただき、すぐに申し込みをいただいた。

そのときに聞いたA社の話。

1.物件はゴミ屋敷。片付けも清掃もしないで売り出し。そしてお客様のご案内。臭い!そうだす。

2.いきなり申し込みをして欲しい。でないとすぐに決まってしまうと脅し。

その場合は諦めると言うと「ちぇっ」と舌打ち。

3.知り合いにも物件を見て欲しいと伝えると、「だめです。内覧は一回だけ。

部外者はお断りします。」おお怖っ。ヤクザの世界かぼったくりバーですか?

4.提示された「諸費用明細がやたら髙い」

これはすべて売り手がわの都合ですね。セールストーク丸出し。

物件の掃除もしてないから、自信が持てないのでしょう。

この会社の社員さんは長続きしないだろうな・・・と思う。

可哀想。プライドとお客様への愛情を持って物件のオススメができないの

ですね。

反面教師のおかげで、すんなり買い付けをいただきました。

入念に掃除をしたご褒美かもしれませんね。

価格設定もずいぶん悩みました。マアーケトインの価格設定は

難しい。