高岡・県西部の不動産・相続案件・実家売却・空き家管理のご用命は

富山県高岡市鐘紡町5番2号

高岡市で家族信託 前田敏・行政書士事務所

公開日:

カテゴリー: 未分類  タグ:  | |


高岡市で家族信託(民事信託)の無料相談をしております。

相談で多いのは認知症対策。そして、事業承継。

親が認知症になってしまうと、意思表示ができなくなり、もう誰も

住まない家を売ることも、貸すこともできなくなる。

だから例え一人暮らしのお母さんと長男で信託契約を組み、

その家を母親に代わって長男が売買契約を締結して売却する。

 

こんな風に使うのです。

遺言だと生きている間は効力がありません。お母さまがなくなられてから

相続により長男が所有権を取得する。

それまでは、たとえばお母さまが施設に入り、その費用が必要といっても

売れないののですから、資金化できません。

 

成年後見だと、居住用財産の処分には裁判所の許可が必要になります。

原則、お金がない場合を除き、居住用財産の売却はできないのです。

ですから、お母さまの意思能力がしっかりしている間に、家族信託契約

を結んでおいた方がいいでしょう。