高岡・県西部の不動産・相続案件・実家売却・空き家管理のご用命は

富山県高岡市鐘紡町5番2号

高岡市で家族信託 家族信託の盲点

公開日:

カテゴリー: 家族信託  タグ:  | | |


実際にあった事例をお聞きしました。

Aさんは家族信託の活用を熱心に考えられておられた。

実際、税理士さんと公証人と打ち合わせをされて、信託契約を結ばれた。

だが、信託目録の中に地目が畑である土地がありました。

 

農地法では信託契約はできないことになっております。

第三条 

公証人、税理士さんと言えども、信託契約の作成に必要な関連法令を

全て専門的に熟知しているわけではない。

信託組成で怖いのは地雷を踏んでしまうことです。

 

このケースでは地目は畑でしたが、実際は自宅の用地として使用されて

いましたので、改めて農地転用手続きをして、信託契約を組み替え

したそうです。

「公正証書にまでなっているのに無効というのは納得できない」とAさんは

思われたそうです。

せっかく公正証書で作成した契約書が無効にならないように

チェックすることが必要です。